PROACT
プロアクトは健康的な生活を送るために役立つ情報を発信します
サイトマップ
リンク
ホーム お知らせ 会社情報 採用情報 お問い合わせ


2006年05月22日
<内臓脂肪症候群>「ぽっこりおなか」にご用心

<内臓脂肪症候群>「ぽっこりおなか」にご用心

 不摂生を重ねた、ぽっこりおなかにご用心――。厚生労働省は初の全国調査で、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」とその予備軍だったと発表した。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中など、死に直結しやすい生活習慣病の引き金になるとされるが、どうすれば予防できるのだろうか。【永山悦子】
 ◇内臓脂肪減らす有効な方法は…
 メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪がたまり、高血圧や高血糖、高脂血症などの症状が一度に複数出ることを指す、新しい病気の概念だ。「メタボリック」は「代謝」の意味で、代謝異常が起きていることを示す。国内の診断基準は、日本内科学会など8学会が昨年4月に定めた。「おなかがぽっこり出ていて、健康診断の数値のいくつかが正常値より少し高め」という人が該当する。
 01年に公表された労働省研究班による国内約12万人を対象にした調査では、軽症でも肥満、高血圧、高血糖、高脂血症のうち二つに当てはまる人は、全く当てはまらない人と比べて、心臓病を起こす可能性が約10倍、三〜四つ併せ持つ人は約30倍に上った。「正常値をわずかに超える数値でも、症状がいくつか集まると怖さが増すということ」(宮崎滋・東京逓信病院内科部長)だ。このため、同シンドロームの血圧などの診断基準は、通常の値よりも低く設定されている。
 気になるウエストの基準は、コンピューター断層撮影(CT)のデータを基に、内臓脂肪の表面積が100平方センチ以上ある人の平均値を採用した。女性は皮下脂肪も多くついているため、その分、基準は大きくなっている。
 生活習慣病はこれまで、症状ごとに別々の薬を服用して治療していた。しかし、一つの症状だけが治っても、内臓脂肪がそのまま残れば再発したり、別の症状が悪化する可能性がある。
 では、内臓脂肪を減らす有効な方法は何か。
 日本肥満学会理事長で住友病院(大阪市)の松澤佑次院長は「内臓脂肪は蓄積しやすい一方、減らすことも比較的容易だ。そこが蓄積しにくく減らしにくい皮下脂肪と違う。皮下脂肪は『定期預金』、内臓脂肪は出し入れ自由な『普通預金』のようなもの。歩く機会を増やしたり、食事の量に気を付けてほしい」と話す。日本ウオーキング協会副会長の泉嗣彦ウオーキング医科学研究所長によると、歩く量を1日あたり1000歩増やすだけで、数カ月で内臓脂肪が大幅に減るケースが多いという。
 厚労省は08年度から、健康診断のターゲットを同シンドロームに絞り、健診受診率の向上と、その後の保健指導の徹底に取り組む計画だ。藤田敏郎・東京大医学系研究科教授(内科学)は同シンドロームについて「診断基準には未完成な部分も残っている。だが、自分の健康を気遣い、生活習慣を見直すきっかけとしての意義は大きい」と話す。
(毎日新聞) - 5月22日11時0分更新


2006年05月22日
父の日のプレゼントに郵送検診はいかがですか?
6月18日の父の日に、プロアクトの郵送検診はいかがですか?
ラッピングをして父の日に到着するようお送りいたします。

2005年08月26日
デメカルの血液検査キットが『CDC承認』を受けました!
2005年2月に(株)リージャーに対してCDC承認が発行されました。
デメカルの血液検査キットが超微量血液による即時血漿分離検査として、
世界で初めて国際基準であると評価を受けたものです。
日本の厚生労働省の承認も受けています。

2005年08月12日
【週刊ポスト】にプロアクトのデメカル検査キットが掲載されました。
小学館発行の【週刊ポスト】の中の医療最前線、進化する「郵送検診」でここまでできる「自宅人間ドック」の215ページの企画でプロアクトが取材を受け、プロアクトと、デメカルの検査キットが掲載されました。ここでは様々な郵送検診が紹介されています。
”人間ドックには行きたいが、お金も時間もかかる。そんなサラリーマンに、自宅にいながら様々な検査ができる「郵送検診」が人気だ。”と自宅で出来る健康診断「郵送検診」を検証しています。
 是非一度ご購読ください。

2005年06月24日
プロアクトのDEMECAL検査キット「女性の為の栄養バランス」が雑誌で紹介されました!
アンシェット婦人画報社発行の女性誌「マリ・クレール」にプロアクトの血液検査キット「女性の為の栄養バランス」が掲載されました。
「マリ・クレール」の中の「マリ・クレクリニック」とういう、現代女性の様々な悩みを専門家のアドバイスを伺いながら解決法を探すという企画の中で、今回は「人間ドッグ」がテーマとなり、様々な健康診断の方法などを紹介しています。
そのなかで、手軽に検診を受けられると言うことで、プロアクトの扱うデメカルの血液検査キットが紹介されています。
女性の為の健康診断ですので、是非ご購読下さい。

2005年06月22日
地域密着型検索サイト「街っちナビ」に相互リンクいたしました!
地域密着型、検索サイト「街っちナビ」に相互リンクしました。
プロアクトのある名古屋の地域のお店などをスタッフ自ら調査して、情報を掲載しているサイトだそうです。
ご興味のある方は、是非アクセスしてください。

2005年05月09日
<性体験ある高校生>1割がクラミジア感染 厚労省調査
性体験のある高校生のうち約1割が、性感染症(STD)の一種、性器クラミジア感染症に感染していたことが厚生労働省の研究班の調査で分かった。STDはエイズウイルス(HIV)の感染率を3〜5倍高めるとされるが、全国高等学校PTA連合会が実施した別の調査では、高校生の4分の1以下しか、その認識がなかった。エイズ感染者・患者の合計が先月1万人を突破した中、専門家は若者を中心に爆発的に増加する恐れがあると警鐘を鳴らしている。
 研究班は10代の人工中絶率などが全国平均とほぼ同じのある都道府県で、一昨年秋から約1年間かけ、13の高校に在籍する1〜3年生の無症状の男女約5700人を対象に、匿名の質問票や尿検査などで調べた。
 クラミジアは性行為により感染。多くが無症状で、抗生物質で治るが、放置すると不妊症などになる恐れがある。
 性交渉の経験者は男子高生が全体の31.1%、女子高生は43.6%。このうちクラミジアに感染していたのは男子6.7%、女子13.1%で、全体では10.6%に達した。年齢別では16歳の女子高生が17.3%で最も高い。欧米の女子高生の感染率は1〜4%で、日本は際立って高いという。
 一方、同PTA連合会では、高校生の性に関する知識などを調べるため全国1万1000人を対象にアンケート調査し、1〜3年生計約9600人が回答。STDにかかるとHIVに感染しやすいと答えたのは男子高生が22.2%、女子高生は24.7%しかなかった。
 84年の調査開始後、4月3日現在、HIV感染者の累計は6734人、エイズ患者は3336人で計1万70人。1月3日〜4月3日の新規HIV感染者207人中、20〜30代が75.4%を占め、若者に広がっている。
 研究班の今井博久・旭川医科大助教授は「一般の高校生に性感染症が広がっている背景には、インターネットや雑誌などで刺激的な性情報がはんらんする一方、必要な性教育がほとんどされていないアンバランスさがある。このままではHIV感染者が劇的に増える危険性がある」と指摘する。【玉木達也】
(毎日新聞) - 5月4日3時3分更新

2005年04月26日
エイズ感染患者1万超す、04年の新規感染も最悪 読売新聞4月25日
厚生労働省のエイズ動向委員会は25日、国内のエイズウイルス感染者とエイズを発症した患者の数が、統計を取り始めた1984年からの累積で1万人を突破し、1万70人に達したと発表した。

2005年04月07日
福利厚生ガイドブックに掲載されました
旅行代理店の近畿日本ツーリスト衢佑肇罐▲犠事衢佑旅臺擦捻超箸魍始された、株式会社カフェテリアクラブひまわり様がはっこうされている「福利厚生ガイドブック」プロアクトの検査キットが掲載されました。
健康診断の一環として、幅広くご愛用いただける商品です。


 

ホーム お知らせ 会社情報 採用情報 お問い合わせ